株式会社パッシブハウスは、日本の環境に合った”パッシブハウス”をご提供します。

日本の環境に合ったパッシブハウスを提供する株式会社パッシブハウス


◎ショールームの見学、およびパッシブハウス・外断熱モデルハウスへの見学は事前にご予約ください。

株式会社パッシブハウス設立の目的と使命

パッシブハウス、スマートハウス、省エネ住宅、エコロジー住宅、長期優良住宅等の呼び方は様々ですが、環境に配慮した高性能な持続可能な家づくりの基準は、一般ユーザーには極めて分かりにくいものです。

弊社は環境性能を設計段階・建設竣工段階でドイツ、北欧のパッシブ基準をベースに具体的な数値で評価し、各種計算・各種性能試験を行います。

また、基本計画から工事施工・工事監理に至るまで、独自のマニュアル及び独自の検査(検査員は一級建築士・外断熱技術アドバイザーで管理し、ワンストップでプロデュースし快適性・経済性・健康性・デザイン性を考慮し品質重視のパッシブハウスの普及に努めて参ります。

他方、設備面では、低酸素社会に向け、太陽光発電の導入は必須であります。高断熱・高気密機能との相乗効果は実証されていると同時に電気自動車を導入し、蓄電池が備えられれば、災害時及び平時の夜間・雨天時の自己完結の個別発電所となり、パッシブハウスオーナーは究極の省エネ住宅を甘受することができます。

代表取締役社長 梅園 秀平 弊社は高い専門性を集約し、より効率的にまた現実的な方向性を提案することで、世界基準の住宅提供に邁進してまいります。さらに、普及にあたり、地域社会性と防災性に則した考慮も行います。また、CSRを保持し、社会貢献性のある事業展開とします。




                                  株式会社パッシブハウス
                                  代表取締役社長 梅園 秀平

究極の『エコ・省エネ・健康』生活の実現を支援します

小社は『横浜パッシブハウス:YPHの企画・設計・デザイン・施工・監理のプロジェクトメンバーと語らい、『株式会社パッシブハウス:KPHとしてスタートしました。
それも志と思い入れを持って、列島の中心:東京タワーの足もとの港区芝公園に本社兼ショールームを開設いたしました。

パッシブハウスに関する◎お問い合せ◎ご相談◎知りたい・見たい◎建てたい・建てるには?などなど、様々なご要望にワンストップで全て応えられる情報センター機能を順次備えてまいります。決して一方的な発信ではなく受・発信がある「相い身互い」の精神のツーウェイで、皆様方のお問い合せにお応えしてまいります。

パッシブハウスに住まう事で、究極のエコ生活・省エネ生活、そして健康生活を実践することができます。また、省エネやエネルギー消費といった生活の意識に変化が生まれます。パッシブハウスは5年ごと、10年ごとの補修計画を持つことで100年住宅の建物として維持が可能となり、省エネ性能が優れているため、住みながら低炭素社会貢献することができます。

小社のパッシブハウスの躯体構造は木造ツーバイシックス(2×6工法)で、耐震性にも配慮し、なるべく国産材を用いることで森・林への恩返しを意識しております。ご要望があれば鉄筋コンクリート造(RC造)も採用できます。

photo.jpgさらに立地・環境に合わせ、自然の恵みである『太陽・風・雨』を『地産地消』の考えで、太陽光発電・温熱、風の道、緑化の道、雨水活用などの自然エネルギー活用の方策もご提案いたします。
そして、全国の都市地区(市街地・住宅地)、農林漁業地区(市街地・住宅地)の地域社会ごとのニーズに合わせ、ローカリゼーション思想で進めてまいります。

ぜひご一緒にパッシブハウスの計画立案をいたしましょう。



                                   株式会社パッシブハウス
                                   代表取締役社長 近藤 良一

ビジネスユースでのお問い合せフォーム