株式会社パッシブハウスは、日本の環境に合った”パッシブハウス”をご提供します。

日本の環境に合ったパッシブハウスを提供する株式会社パッシブハウス


◎ショールームの見学、およびパッシブハウス・外断熱モデルハウスへの見学は事前にご予約ください。

パッシブハウスの有効性について

パッシブハウスの居住者として述べさせていただきます。

在来工法の旧宅(築38年)から比べ、あらゆる面で年間を通じて快適です。魔法瓶のような高断熱・高気密工法のため、年間を通し朝・昼・晩ごと各部屋の室温はほぼ一定です。
梅雨時のカビなど一切ありません。

◎夏の場合
・締め切って帰宅後、むっとする暖気はありません。さらっとした感じです。
・旧宅は暑くガス調理ということもあり、妻は大汗をかいていましたが、今はIH調理でもあり、大変楽です。

◎冬の場合
・旧宅は起床時や夜間のトイレなどガウンをはおっていましたが、今は室温が一定のためまったく不要です。
朝・昼・晩、室温が一定に保たれているため、エアコン暖房はたまにつける程度です。
(真冬:男・スウェット+ベスト、女・シャツ+セーター)

太陽発電は天候・日射次第ですが『魔法瓶効果と相俟って、光熱費は53.5%減(年間203,000円から93,000円に削減)となりました。また、この太陽発電による年間212,000円(月額17,672円)の売電収入がありました。

kondouryouiti.jpgこのように快適・健康・安心・合理的なエコライフを感受しております。
さらには、これからの5年毎、10年毎の補修計画を待ちつつ、100年三世代住宅を目指す住まい方を体得したいと考えております。






                                   株式会社パッシブハウス
                                   相談役 近藤 良一
                                  (横浜パッシブハウス施主)

横浜パッシブハウス・暮らしのデータ

横浜パッシブハウスの太陽光発電パネル屋根に設置された太陽光発電パネル神奈川県横浜市金沢区に昨年10月末に完成した横浜パッシブハウスは、太陽光発電・オール電化エコキュート・省エネ家電・LED照明・壁面緑化・雨水活用・日本の建材・自然素材・プラグインハイブリット車対応・高断熱・高気密・高耐震などの機能、性能を備えたエコ住宅です。また、既存の植栽を出来る限り残すなど緑化環境にも配慮しています。

LinkIcon横浜パッシブハウスの仕様についてはこちら

室内の温度が一定に

太陽光発電を表示するモニター画面太陽光発電を表示するモニター画面横浜パッシブハウスにお住まいのご家族は三人です。住宅が新しくなって変わったことは、建物のどこにいても室温が変わらない。これまで、寒さに耐えながら暮らしていた時代に毎月払っていた光熱費(電気+ガス)が、快適な暮らしをした上で少なくなったこと。屋根の太陽光発電の売電で収入が得られることです。

それでは具体的な節電効果をみてみましょう。

節電効果としてのデータ

平成22年と平成23年度の光熱費比較
横浜パッシブハウス太陽光発電:単結晶シリコンモジュール:4.2KW

期間 売電量 買電量 収支 旧宅の実績値
平成23年 (KWh) (円*1) (KWh) (円*2) *2-*1(円) 平成22年(電気+ガス:円)
1月 672 11,425 342 16,416 4,991 27,469
2月 542 9,252 334 16,032 6,780 25,083
3月 518 9,410 266 12,768 3,358 22,409
4月 514 8,962 480 23,040 14,078 22,478
5月 368 6,883 504 24,192 17,309 19,078
6月 261 5,766 355 17,040 11,274 11,698
7月 262 6,112 349 16,752 10,640 12,307
8月 248 6,240 419 20,112 13,872 13,023
9月 267 6,697 404 19,392 12,695 13,812
10月 246 6,325 379 18,192 11,867 11,164
11月 351 7,751 348 16,704 8,953 13,816
12月 384 8,242 238 11,424 3,182 8,836
合計 4,633 93,065 4,418 212,064 118,999 201,173

災害時の考え方

横浜パッシブハウスは、オール電化住宅です。震災による停電を考えたとき、太陽が照らしている日中は太陽光発電で最小限の電化製品は使えます。しかし、夜間や雨の日は役に立ちません。
オール電化住宅ですから、エアコンによる冷暖房が使えなくても、バックアップとして扇風機や練炭、スミ、石油ストーブを保存しており、それで十分快適な生活が維持されると思います。
現在、安価な発電蓄熱機の開発が進んでいると聞いていますが、その発電蓄熱機が開発された時には導入したいと考えています。

前年度対比ではマイナス20万円がプラス12万円に!


2010年
2011年
売電力 0円 212,064円
買電力 201,173円 93,065円

オール電化住宅のため、毎日利用する給湯や厨房も電気を使用します。住宅の面積も広くなりましたが、2011年1年間の光熱費は、売電費から買電費を差し引きすると収支は118,999円のプラスになりました。
さらに、2010年1年間の光熱費(電気+ガス)は201,173円でしたから、年間での比較すると320,172円ものお得をしたことになります。