◎株式会社パッシブハウスは、日本の環境に合った”パッシブハウス”をご提供します。

横浜パッシブハウス

横浜パッシブハウス(神奈川県横浜市金沢区)

「現実に可能な建築、設備、環境、エネルギー関連の技術を集約し、日本の気候風土、日本人の感性、及び、日本社会にスムーズに受け入れられる、低炭素社会に相応しい住宅と暮らしを提案する」ことを基本理念に、住宅に求められる省エネ性能をトータルに捉え、CO2排出量を大幅に削減しています。

所在地:神奈川県横浜市金沢区
床面積:1階23坪、2階23坪
家族数:3名
ソーラー発電:家電一式、パソコン利用
エコキュート:深夜電力で温水、風呂、シャワー利用
※オール電化のため災害停電時は、エコキュートと家電は停止、太陽光発電は可能。
太陽光発電システム : サニックス製(単結晶シリコンモジュール:4.2kW,PC:4kW)

横浜パッシブハウスの概要

1.性能基準は、ドイツ・パッシブハウス基準に挑戦
2.世界標準になりつつあるEU(ヨーロッパ連合)における
パッシブハウス基準に挑戦
3.超高気密・高断熱仕様
①熱:壁のU値0.15W/㎡・K 以下、窓のUw 値0.834W/㎡・K 以下
②気密:換気回数n50 0.6/h 以下(C値=0.2cm/㎡以下)
③熱交換換気:熱交換率80%以上
④窓ガラス:窓のUg 値0.851W/㎡・K 以下、熱取得50%)
4.長期優良住宅
5.太陽光発電システム導入(売電・蓄電)
6.雨水活用
7.壁面緑化・家庭菜園
8.オール電化採用
※50万円前後の家庭用蓄電機の導入予定

横浜パッシブハウスの建築スタッフ

総合プロデュース:有限会社 イーアイ
基本設計:ハウスタイルズ 株式会社
実施設計・施工:株式会社 建築舎/株式会社大悟建設
コーディネーター:オフィス コンドウ

横浜パッシブハウスのメンテナンス

パッシブハウスでは寒い冬に、室内に熱を蓄えておける機能が付いた空気交換器が大活躍します。
横浜のパッシブハウスで取替え工事を行いましたので、その様子と空気交換器の詳細をご覧ください。

※パッシブハウスで導入しているデセントラル熱交換換気システム「ヴェントサン」は発売から20年間ドイツ国内で同タイプのシェアNo,1を継続しています。 システムの独自性と、アップデートを続ける先進性が評価され、全世界で40万台を超える実績を誇ります。

2019年3月取替施行(※旧タイプ故、10年目で交換)

ヴェントサンの構造

ヴェントサンは、上画像左から、インナーカバー(フィルター内蔵)、ファン、蓄熱エレメント、アウターフードの4点で構成されています。 壁に取り付けるだけのシンプルなシステムで、フィルター、ファン、蓄熱エレメントまで、5工程で取り外し清掃、アウターフードの内部まで清掃できます。

建物の長寿命化が進む現代では、長期間のご利用を考えて、メンテナンスの容易さはとても重要です。 定期メンテナンスを専門業者に依頼することなく、ランニングコストも抑制されます。

✓はデセントラル熱交換換気システムではヴェントサンのみの機能です。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6869-0608 受付時間 10:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社パッシブハウス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.