◎株式会社パッシブハウスは、日本の環境に合った”パッシブハウス”をご提供します。

パッシブハウスの建築技術

パッシブハウスの建築技術

断熱材の種類について

断熱材の種類は、大きく3つに分類されます。
1)化学系断熱材(EPS、フェノールボード、発泡ウレタン等)
2)ファイバー系断熱材(ロックウール、グラスウール等)
3)ウール系断熱材(セルロースファイバー、ウッドファイバー等)

重要な事は、それぞれの特性にあった場所に、十分な厚みをもって使用する事です。
また、充填断熱として使用する際には高気密化が必須となり、外断熱として使用する際のいかに通気性をとるかが、ポイントとなります。

パッシブハウスの断熱の考え方

◎外壁側で通気をとる。
◎内壁側では、気密構造(適度な湿度コントロールの必要性)
◎化学系断熱材 → 天然系断熱材
◎石油消費素材 → 省エネ素材

断熱素材ごとの性能比較

EPS(またはXPS)

外断熱及び基礎断熱に使用されるが、化学系であるので、燃焼性に難がある。
石油化学品を原料にしており、CO2対策には逆行する。

フェノールボード

外断熱及び基礎断熱に使用されるが、化学系であるので、燃焼性に難がある。
石油化学品を原料にしており、CO2対策には逆行する。

発泡ウレタン

外断熱及び基礎断熱に使用されるが、化学系であるので、燃焼性に難がある。
石油化学品を原料にしており、CO2対策には逆行する。

ロックウール

鉱物系繊維であり、耐熱性・防火性が高い。
吸湿性が低く、撥水性があるが、有害性に難点がある。

グラスウール

最も安価な断熱材であり、ガラス繊維が主体であるので、防火性に優れている。
ファイバーの固着剤として、樹脂を使用しているので、完全な非化学系・不燃性とは云えない。

セルロースファイバー

パルプを原料としており、吸放湿性の高い天然ファイバー系である。
不燃性・防音性に優れているが、一部化学系薬剤を使用している為、安全性に難点がある。

ウール系

羊毛を原料としており、天然ファイバー系であり、吸放湿性に優れる。
耐熱性は、グラスウールに比べて劣る。またタンパク質である為、防虫性に難点がある。

ウッドファイバー

間伐材を原料にした断熱材であり、CO2対策にも優れた天然ファイバー系である。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6869-0608 受付時間 10:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社パッシブハウス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.